先輩の声

「海外取引のキーマンになりたい」

劉 馨
LIU XIN(りゅう しん)
  • 入社年:2016年入社
  • 出身校:
     ・中国:中国大連理工大学城市学院
     ・日本:東京IT会計専門学校 情報処理系
  • 出身地:中国
  • 所 属:開発本部 第4開発部 第2開発課

現在の業務
金融関連のWEBアプリケーション開発

日本に来ようと思ったきっかけは?

私の祖父が日本に関連のある仕事をしていたことがあり、大学生のことから興味があったからです。中国にいるときに日本語能力検定のN2を取得して、日本に来てから日本語学校に1年間通い日本語能力検定N1を取得しました。

就職活動で一番苦労したことはどんなこと?

やはり、日本語で苦労しました。書類作成(履歴書やエントリーシート等)には、毎回学校の先生に添削をしてもらい、大変苦労した記憶があります。面接についても敬語が苦手なため、学校の先生に面接の練習に付き合ってもらい、想定される質問について何度も練習しました。

実際に日本で働く上で、不安に思っていることはありますか?

日本での生活については、専門学校から年月も経っているので慣れました。業務については、まだ日本語が100%理解できるわけではないので、不安はありますが、先輩がフォローしてくれますし、日本語もゆっくり話してくれるので、何とか日々頑張れています。
特に当社にはアドバイザー制度がありますので、日々の会社内での行動で不安を感じるようなことがあれば、いつでも相談できるので何の問題もありません。
お昼休みに先輩女性社員とランチ会(女子会?)を行うこともあり、とても楽しく過ごしています。

E&Mについてどう思いますか。

就職活動にて数社から内定をもらいましたが、E&Mに決めた理由は、『成長できる環境がある』と思ったからです。現在、様々な社内の教育研修に参加し、多くのことを学び日々の業務に活かしています。

お休みの日はどのように過ごしていますか。

色々な国籍(日本人、インドネシア籍・ミャンマー籍などなど)の方と遊ぶことが多いです。先日、専門学校からの友達と沖縄旅行に行ってきました。
この前の年末年始の連休に有給休暇も合わせてとり、中国の実家に帰省しました。やはり実家に戻ると、とても癒されますね。

現在の仕事は?

現在は、学生のころからやりたかった、WEBアプリケーションの開発に携わることができて非常に楽しく仕事をしています。現在までにテスト評価業務の他にもコーディングを行うことが増えてきていて、少しずつ業務の幅が広がってきていることを実感できています。

将来的にどのような仕事をしてみたいですか。

今後、世界と連携していく仕事が増えてくると思うので、海外との橋渡しを行えるような技術者になりたいと考えています。もちろん中国と日本を繋ぐお仕事ができれば最高ですね。

このページの先頭へ