各部署の紹介

業界No.1と言われるブライダルシステムになりました

PIEM/PI事業推進室

主な事業内容

■ONE-Wシステムの拡販営業
■ONE-Wシステムの企画、運用保守
■ONE-Wシステムコールセンター
■ONE-Wシステムのカスタマイズ開発及び他社システムとの連携請負
■ONE-Wシステム以外のシステム開発提案、営業活動

特長

2006年 IT化に遅れを取っていたブライダル業界。業界に先だって「新郎新婦様が結婚準備をいつでもどこでも簡単にできるクラウドシステム」を開発しました。

ユーザーの声をヒアリングし、バージョンアップを重ね、2017年には全国で約300式場に導入し、年間約38,000組の新郎新婦様にご利用いただくシステムに成長しました。

厚生労働省調べによると、2016年の婚姻件数は、621,000組となっており、うち、約半分の310,000組が結婚披露宴を行うと言われています。

従って、ONE-Wシステムの婚礼シェアは12.3%となっており、業界No.1と言われるブライダルシステムになりました。

少子化社会により結婚披露宴件数は減少傾向にありますが、ONE-Wシステムをきっかけにご縁ができたお客様を大切にし、これからも、お客様から期待されるよう、新たなサービスを企画、販売し、さらなる成長を目指していきます。

気配り、目配り、心配り

私たちのお客様は、システムやPCの知識がある方とは限りません。そして日々新郎新婦やゲストに接しているホスピタリティ業界の方々がお客様なので、同等の対応を求められます。相手の立場にたってわかりやすく伝えることを心掛けています。
お客様に対しても、そして、チーム仲間に対しても、
何か困っていることはないか?
満足いただけているのだろうか?
何か提案できることはないだろうか?
常に、気配り、目配り、心配りという3つの配りを持ち、困っている相手には、徹底的につくす、もてなす、という気持ちが重要だと考えています。
また、お客様は休日がメインとなるサービス業種のため、土曜日もコールセンターを運営しています。システムが停止すると、新郎新婦の人生最大のイベントに傷をつけてしまいますので、安定した稼働が重大責務です。
月あたりのサーバーアクセス状況は、年々増えており、インフラの増強、セキュリティ強化、日々のネットワーク監視を行っている現状です。
私たちはクラウドサービスを通じて社会に貢献し、日々の技術革新に先駆者精神で立ち向かいながら、特にネットワークやセキュリティなどの高度なスキルを身につけたサイバー攻撃にも耐えうるプロ集団を目指しています。

やりがいを感じる事のできる瞬間

お客様によっては、ONE-Wシステムの導入まで2年以上かかる場合もあります。また、競合他社のシステムは、システム利用料が無料なので、コンペになると非常に厳しい営業交渉となります。それでも、導入いただいているお客様から「ONE-Wシステムはもう手放せない」と言われたときは、それまでの数々の苦難を忘れる瞬間です。
お客様より直接問い合わせを受けるコールセンターにおいても、「ありがとうございました、大変助かりました」と、感謝のお言葉を頂く瞬間は、私たちのやっていることが役に立っていることを実感でき、本当にうれしくなります。
取引先には、国内超有名ホテル、歴史のある老舗のホテル、大理石に囲まれた巨大な式場、テーマパークなどがあり、普段プライベートではなかなか行けないところに出入りできることは、業務とはいえ、つい、幸せを感じます。
近年では、TwitterやFacebookなどのSNSでONE-Wシステムの評判をコメントしている新郎新婦を見かけるようになり、日本中、さらには海外の方までもがONE-Wシステムを利用している事実を確認することでき、私たちのモチベーションアップにもつながっています。

部署の雰囲気は

宮崎ではONE-Wシステムコールセンターと運用課が併設されています。お客様と話す声、お客様の問題を解決すべく相談しあう声が飛び交っています。明るく活気のある楽しい職場です。
東京からは各地の客先へ出向き、営業窓口とシステム開発窓口の役目を果たしています。
問題解決は全員で共有して、助け合い、チーム一丸となって、今日、明日、そして未来のサービスにつなげています。

このページの先頭へ