各部署の紹介

日本中で利用される地図データにやりがいを

開発本部 第7開発部 第1開発課

主な事業内容

■地図データ作成ソリューションの開発
■地図システム開発、運用支援(派遣業務)

特長

第7開発部 第1開発課は、福岡県北九州市に活動拠点を置き、地図データを作成するソリューションの開発、および、メーカーであるお客様のもとで共に地図整備システムの開発、運用、整備を行っております。

衛星写真や現地踏査などから得られたデータをもとに、今話題の『自動運転』や地図を利用される方を自動車や徒歩によって目的地まで誘導するいわゆる『ナビシステム』等に活用される地図データの作成や、お客様のシステム開発担当の方と一緒に、地図コンテンツの設計やシステム運用の支援ツールの開発など、幅広く業務に携わっています。

 

豊富な経験から得られた信頼と知識

お客様が必要としているソリューションの中で、難易度の高いシステムの開発を進んで手掛けることで信頼をいただきながら、地図整備システムに関するKnowhowの蓄積を図ることを心掛けています。

やりがいを感じる事のできる瞬間、事象などを教えてください

プロジェクトの根幹である地図データの設計を担当させて頂いた時に、日本中の多く人がこの地図データを利用するということを考え、責任とやりがいを感じました。

また、問題が発生したときに、これまで蓄積した知識や経験を生かして問題を解決できた時に頂いた ”ありがとうございました” の言葉にやりがいを感じます。

部署の雰囲気は

普段、担当業務を対応しているときは静かですが、レビューなど関係者が集まって打合せを始めると、一変して活発な意見が飛び交います。

また、新規参画メンバーが仕事で困っていれば、経験豊富な先輩が相談に乗ったり、解決の糸口を一緒に考えてくれたりします。常に全員が目的意識を持ち行動しているとてもチームワークが取れた職場です。

このページの先頭へ