代表挨拶

人間とコンピューターとの共存…その豊かな社会の建設を目指して。代表取締役会長 岩城 範彦

 イー・ アンド・エムは1979年に設立され、今日までコンピュータの発展普及を先導する先進的なソフトウェアを開発してきました。
現在は複数の企業体 「E&M GROUP(EMG)」 を結成し、各社が事業戦略上の機能的な役割を分担し協調しながら発展に邁進しています。
特にグループを牽引する中核企業であるE&Mは長期の戦略を見据えた事業の展開、開拓を受け持ちます。技術会社としての目標点を定め、社員から見た会社と言う場所の理想型の構築を追求し、業務成果を通して社会に貢献出来るように不断の努力を重ねています。
わたしたちの生活環境は、コンピュータの利用技術によってますます便利で快適になっていく反面、機械的で無機質化した生活上の手続きが必要以上に蔓延してきているように感じます。また、本来人間がもつ情緒的なプロセスがどこかに忘れ去られてしまい、日常の時間感覚がコンピュータの急速な進歩に追いついていけずに、ある種のもどかしさが目立つようになってきました。
これからさきコンピュータがさらに進化し、いまより高度な情報化社会が形成されたとしても、親密感や思いやり、達成感といった人間らしさを、生活の中で確実に感じ取れるような「調和」を大切にすること。この精神を、わたしたちは事業を展開していくうえの基本ビジョンとしています。
企業である以上、事業の発展や成長は重要な課題ですが、けっしてそれが第一優先とは考えていません。むしろ、EMGに関わるすべての人びとが、仕事やその成果を通して、人間の心地よいあり方が感じられる環境を実現することが、第一の使命だと考えています。

心と生活の豊かさに貢献できる製品サービスを目指す。代表取締役社長 滝沢 次郎

 当社はこれまでソフトウエア開発事業を通して発展してまいりましたが、この混沌とした世情の中で、あらためて一企業としてのあるべき姿を問うたとき、やはり社会貢献という企業の本来目的に立ち返ってこそ、今後の正しい成長の礎になるものと考えます。まず積極的な雇用を通して社員とその家族の皆様、そして友好的な取引を通して協力会社および顧客先様から必要とされることによる、相互共存的な社会貢献があります。
 次いで当社事業の活動により生み出される製品やサービスを通して、何らかの形で社会に資することによる提供的な社会貢献があります。そして企業体としての究極命題は、上記社会貢献を絶やさないために、あくまでも企業として”存続”することであり、そのために私どもは日々切磋琢磨しながら善用し合って、社会との関わりを掘り起こす努力をいたします。
 その道しるべとして我々EMG社員は、自然の摂理を踏まえた3つの理念を掲げています。それは『公正正義』を旨として、いつも『誠実』に、如何なる場合も『最善』を尽くすことです。これは縁あって一緒に働く私たち社員の人生理念であると同時に、企業理念として折に触れての判断指針ともなっております。
 ところで、「E&M」という社名は、エレクトロニクス・エンジニアリング(E)と人間(M)社会との調和(&)との発起方針に由来していますが、創立以来、幸いにも一貫してコンピュータ関連業務を通して、社会に貢献することで社業を継続してくることができました。
 今後も業態としては、激しく流動変化する社会にあって、そのニーズを先取りする過程での事業変革も見込まれますが、上記3理念は決してぶらさず、社名方針を踏まえた新しい価値の創造に向けて、社員ひとりひとりの心と技術を磨ける仕組みと環境作りに専心いたします。
 そして、その成果を通して社会の皆様の心と生活の豊かさに貢献できる製品サービスを提供し、加えて感動していただくことを目標にいたします。
この社内成長と相互感動の連鎖を通した社会貢献こそが、社会の公器といわれる企業の本来あるべき姿であり、これを外しての企業繁栄は成しえないものと私どもは確信しております。
 どうぞ今後とも当社理念をご理解の上、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ